車の買い替えを考えるタイミング

車の買い替えに???? Vol.10 ????最適な時期には、いろいろな説があります。
「5年くらい乗ったら買い替える」「10万キロくらい走ったら買い替える」などの他、「新型車が出たら買い替える」という人もいますが、経済的な面からいうと、「壊れるまで乗る」というのが最もお得です。
しかし、日本製の車は非常に頑丈ですから、日頃からメンテナンスをしておけば、まず壊れることはありません。
「壊れたから買い替える」というケースより、「修理代がかかるから買い替える」というケースのほうが圧倒的に多いのです。
ですから、相当長い間乗ることができますが、具体的には「13年目」というのが一つの目安になります。
新車登録から13年が経った車は、自動車税と自動車重量税が割増でかかってくるからです。
また、それだけの期間乗っていると、さすがにいろいろな部品が傷んできます。
ワイパーの動きが鈍くなったり、ウォッシャーの勢いが弱くなったりしてくるなど。
そうなると、修理や交換が必要になり、出費が増えてしまいます。
ですから、13年目の時点で買い替えるかどうかを判断するのが理想的といえます。
特に問題がないなら、また車検を通せばいいですし、気になる部分があちこちにあるなら、買い替えたほうがよいでしょう。